越中富山本舗 知らない富山に出会える通販ショップ

越中富山本舗 知らない富山に出会える通販ショップ

タイトル

2012年12月

2012/12/27

【越中富山お取り寄せ】ドリームファームのもちもち米粉麺

こんにちわ☆
富山県黒部市では今朝-6℃を記録しました。
今年一番の冷え込みです。

こんな寒い日には、やっぱり温まるもんが食べたくなります(*_*)

そこでお知らせ!新商品を入荷しました。

富山県産コシヒカリ100%使用の米粉麺です。

小麦を一切使用していないので、小麦アレルギーの方でも安心して召し上がれます。

うどんやお蕎麦のようにつゆに付けてももちろんおいしいです!

パスタやベトナムのライスヌードルのようにと、色々な楽しみ方ができるドリームファームのもちもち米粉麺を
ご家庭でお好きにアレンジしてお召し上がりください♪

2012/12/15

【越中富山お取り寄せ】お正月は伝統の魚津塗漆器で!

魚津漆器の起源は、古文書によると永禄9年(1566)に近江の国のロクロ師が飛弾双六谷を経て
魚津松倉村に移住してきたことから始まったと伝えられます。

南北朝時代から戦国時代にかけて、魚津市には越中東部の要所として、
松倉城を中心にたくさんの城や砦が築かれました。
漆は弓矢の穂先を引っ付けるための接着剤として使われていたそうです。

泰平の世を迎え、次第に日常の用に供する什器等を生産するように移り変わっていきました。
特に「魚津椀」の名は弘化、万延年間(1840年以降)には非常に盛え、絵図の輪郭に金線を描いて
雅美な漆器を製作したことは有名です。

明治中期には能登輪島の漆工人から堅実な「堅地塗」(カタヂヌリ)の技法を伝授され、
その技法を保持して堅地漆器の御膳、椀などが生産されています。

現在ではその伝統を受け継ぐのは鷹休漆器店のみとなってしまいました。

優美な伝統を守る中にも現代的なデザインを取り入れた越中富山伝統の魚津塗漆器でお正月を迎えてはいかがでしょうか。

2012/12/12

【越中富山お取り寄せ】富山県入善町産コシヒカリ

米どころ富山県!
名水百選にも選ばれる黒部川の恵みをタップリうけて育ったドリームファームのコシヒカリはおいしいです!

炊きたてをそのまま頬張るのももちろんオススメ♪

富山県民は、富山名産の「黒作り」を炊きたてご飯の上に乗せて食べるのが大好きです。
ご飯何杯でもイケます☆

毎日食べるお米は安心で安全、そしておいしい!ドリームファームのお米をどうぞ!

2012/12/03

【越中富山お取り寄せ】国産ゴボウ茶

最近テレビでも話題の「ゴボウ茶」を入荷しました!

国産のゴボウの皮!に、こだわった粉末です。 
ごぼうの皮は『サポニン』と言われるあの高麗人参と同成分のポリフェノール化合物が含まれ、これは圧倒的に中身より皮に多く含まれる成分です。

細かい粉末なので、お湯にも溶けやすく、湯のみなどに入れてお湯を注げば簡単にいただけます。

越中富山本舗スタッフはお味噌汁に入れるのをおすすめします!
何の変哲もないお味噌汁に、ゴボウのコクが加わって、「豚汁」風味に感じます。

若返り効果が期待されるゴボウ茶。
是非お味噌汁に入れて美味しくお試しください!