羊羹・和菓子 鈴木亭

慶応二年、初代岩城茂助は白隠元の白と小豆の赤で越中立山の 立山杉の美しい年輪の杢目(もくめ)を羊羹に表現。
どこを切ってもこの上なく美しい様々な木目模様が現れます。
製法特許を取得した全国で唯一の羊羹です。